ビジネススキルをアップして仕事を自由に選べる自分になる

コンサルで起業がしたい20代男性会社員副業中の悩みはこれ!!

黒薮 一秀
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
黒薮 一秀
父子家庭育ち、33歳の起業家 収入をほどよくアップさせ人生をいい感じに無理なく楽しく過ごせる仕組みを作るのが得意です。将来の不安は運の掴み方とコミュニケーション力でいい感じに解決できます!

  • 「20代で起業するって早すぎない?」
  • 「働きながら、副業から起業準備を始めたいけど、どうしたらいいかわからない」
  • 「1年後に起業したいけど、まだなにも準備していない」
  • 「会社員はもううんざり」
  • 「私は、雇われることに向いてないから、フリーランスになる!!]

今、起業を目指すあなたが思っていること・感じていることは、他の方も同じように悩んだり、考えたりしています。

そんな起業について悩んでいる方に、少しでも役に立ちたいと思って、みなさんと同じような悩みを持つ方にインタビューして、その内容をシェアしております。

 

そこで今回は、20代でコンサルタントとして起業したい、男性会社員の方のお悩みに、私なりにアドバイスさせて頂きました。

同じように、先生型やコンサル型、コーチング型で起業を目指す方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

では、こちらの記事をご覧ください。

登場人物

 起業準備中の20代会社員男性

 起業3年目までの売上作りコンサルタント 黒藪 一秀

【コンサルティング】で起業を目指しています

 こんにちは。今回はAさんに色々聞いてみようと思います。Aさん、よろしくお願いします。いつまでに起業したいと考えていますか?

 まずは副業で年収250万円を達成が目標です。その後1年以上その収入が継続できたら起業を予定しています。

 起業を考えたきっかけは何でしょうか?

 会社の経営状況に将来的な不安があるので。在職中でも出来る副業をして、そこから起業に繋げていきたいと考えています。

 そうなんですね。独立・起業に向けて、準備は順調ですか?

 なかなか。これなら他の人との勝負に勝てるという能力や技術がないと感じていることや起業に際しての金銭的な余裕がないことが理由です。

 なるほど。20代という若手では、お金の面で貯金がないのは普通ですね。

では、ぼくが会社を辞める1年前からやった、お金の貯め方を紹介しますね。

それは、「食費を限界まで削る」です。けっこうストイックだったかもしれませんね(笑)

 

20代の男子なら絶対に食費はオーバー気味です。

会社を辞めると決めた1年前から、お酒も飲まず、会社のお付き合いの飲み会もほとんど行かず、自分のご飯は全て自炊していました。

 

それで、1年で50万円くらいは貯金できたので、会社を辞めた時には、この貯金がけっこう心の支えになっていましたね。

 

では、これから起業準備を始める方に一言お願いします。

 起業するには他にはないビジネスアイディアを創造することよりも、まずは副業として何かを取り組んでみることだと感じます。

確かに起業をして成功する方は他にはないビジネスモデル独自に持ち大成功をおさめるというのをよく目にする気がします。

ですが、そういった閃きやアイディアはまず行動があってからこそ生まれるものだと感じています。

 まさにそのとおりですね!!

ビジネスなんて、ぶっちゃけやってみないとなにもわかりません。本を読んでも全くできません。

ぼくも、会社員時代で起業を本格的に目指して行動していた26,27歳くらいは沢山の自己啓発書や、ビジネス書を読みました。

 

が、結局は自分でセミナーしたり、クロージングしたり、体験コンサルしたりして学んだことや、身につけたことのほうが、本から得られるより圧倒的に多かったし、その経験が今でも役立っています。

だから、まずは、リスクが少ない副業を始めましょう!!

 

しかも、コンサルとして起業する場合は、ほぼリスクはゼロです。

やったもん勝ちです!!だからこそ、副業時代からしっかりと準備して、会社を辞める時には、ある程度の収入を稼げる自分になっておきましょう!!

 

Aさん、貴重なお話ありがとうございました!

他の方にも話を伺ってきました!

Aさんは、副業から起業につなげたいと頑張っていらっしゃいましたね。ただ、自分の強みや金銭面での不安が足かせになっていると教えてくれました。

 

10人いれば10人の違う起業を目指したきっかけ、ためらう事情があります。

それでは、他の方のご意見もご紹介していきましょう。

【不動産売買、賃貸】で起業を目指しています《20代/男性》

いつまでに起業したい?

27歳で起業を考えております。

起業に「踏み切れていない理由」は?

現在も不動産会社に勤めています。27歳で起業をするという目標に向けて毎日勉強をしています。

今すぐに起業したいのですが、資金面や自分のスキルにまだまだ自身が持てず、今は勉強中です。

 

何かを始めるときに、知識がないのが一番怖いのでまずは知識をつけるために本を毎週2冊買い、不動産に関する本や税金、相続といった本を読みあさっています。

年功序列の会社が嫌いで、頑張った人が報われる会社を自分で起こそうと思っています。

これから起業準備を始める方へひとこと

まずは、今働いている会社で目標とする上司を決め、その人のいいところを盗むことから始めれば良いかとおもいます。

自分が会社の代表になるためには、それなりの知識や経験が必要不可欠です。

 

現在勤めている会社をうまく利用して、自分の資産を積み上げていけば良いかと思います。

また、残業の多い会社にお勤めの方はその会社を辞め、少しでも自分の起業という目標に向けて時間を有効活用するのが良いです。

現状維持は退化です。日々進化し続けてください。

【飲食店(テイクアウト)】で起業を目指しています《20代/男性》

いつまでに起業したい?

30歳までには独立したいと考えております。

起業に「踏み切れていない理由」は?

最大の理由は自己資金の少なさです。借入ができれば、金銭面ではなんとかなるのかもしれませんが、家族をもっている身のため、借金を背負うという覚悟がなかなかつきません。

 

知人に、独立に成功した社長さんがいらっしゃるので、何度かお話を伺っているのですが、「そんな心配をしていてはいつまで経っても起業なんてできないよ?失敗してもいいじゃないか」と言われます。

ある程度のビジネスプランもできてはおりますが、私の気持ちの弱さが後一歩踏み出すことのできない理由です。

これから起業準備を始める方へひとこと

なぜ起業したいのか、という目的は明確になっておりますでしょうか?私が思うに、起業の目的というのは「お金儲けがしたい」か「自分のやりたいことをやりたい」のどちらか、もしくは両方だと思っております。

 

私は後者の「やりたいことをやりたい」という思いで起業を考えております。正直、収入に関しては、サラリーマンとしていただいている現在の収入ほど稼げれば良いと考えております。

 

たとえ大儲けができなかったとしても、毎日モチベーションの上がらない仕事をして、上司に頭を下げて・・・というような暮らしを永遠に続けるくらいなら、いっそ思い切って一歩踏み出してみてはどうでしょうか?

【ライティング】で起業を目指しています《20代/女性》

いつまでに起業したい?

結婚する前までにはと考えています

起業に「踏み切れていない理由」は?

家庭の事情もあり、できれば在宅で仕事をしたいと考えています。

ですがライティングの仕事は非常に不安定です。

現在利用しているサービスが終了するなどの影響も受けやすいと考えています。

 

20年以上前から、新聞やタウン誌などでの仕事もしていますが、やはり安定して「食える」という量の仕事は確保しづらいと考えています。

現在は働きながら対応していますが、なんとも微妙なラインの収入であるため、なかなか踏み切れない状態です。

これから起業準備を始める方へひとこと

まずは、「実際いくら稼げたら生活できるのか」「どこを目指すのか」を明確にしたほうが良いようです。私自身は現在、経理の仕事をしながら、独立した際に役に立ちそうな知識を学んでいます。

最終的な目標は独立ですが、同じくらい「安定」も重視しているため、今のところは、なかなか独立に踏み切れずにいます。もしも、まだ若く、やりなおしが何度でも聞く年齢なら、思い切ってトライしてみたほうが成功には近いかもしれません。

【社労士事務所】で起業を目指しています《20代/男性》

いつまでに起業したい?

今の事務所で3年くらい経験を積んで、32歳前後の起業を目指しています。

起業に「踏み切れていない理由」は?

社労士になるための資格は、昨年合格し持っています。

やろうと思えば、明日にでも起業できる状態ではあるのですが、現在資金がありません。1度起業し(この時は飲食)、失敗。

その時の借金も残っている状態です。

 

その返済が終わる8年後に起業しようと考えています。

1度失敗していますので、職種は違えど、難しさも重々承知しており、資金なしのスタートの危険性は十分に知っています。

 

その失敗ゆえに、もう失敗はできないと、慎重になっている自分がいます。

借金があっても起業はできますし、ともすれば、今以上の収入になるかもしれません。ですが、もし失敗したらと思うと、今は1歩を踏み出せません。

これから起業準備を始める方へのアドバイス

起業はとてもリスクの高いことです。

間違いないと言われている業種であっても、現在の社会では、特に流行りすたりの周期がとても速いため、明日には売り上げが何もでなくなるという事態になるかもしれません。

 

ただ、起業という行為は、自分自身を大きく成長させてくれます。

仕事を行っていても、給料取り(サラリーマン)の時の感覚とは全く別の感覚を味わうことができ、特にコミュニケーション能力が爆発的に向上します。

 

これを手に入れるためにも、起業を躊躇している方は、自分の生活と周りの状況(家庭など)をよく考え、チャンスがあるのならば、どんどんチャレンジしたほうが良いと考えています。

まとめ

今回は、Aさんを始め、20代の4名の方のインタビューを紹介していきました。

若手からの起業を目指している、とてもエネルギッシュでやる気のあるみなさんでした。

 

起業は絶対に早ければ早いほうがいいです。早いと失敗もすぐに修正することができます。

だから、少しでも起業を目指しているなら、今がチャンスです!!

 

後悔しないようにチャレンジしましょう!!今の日本は本当に環境とマーケットが整っています。だから、しっかりとした起業のノウハウをしれば失敗しない起業をすることができます。

 

今回は、『失敗しない起業のコツ』が詳しくわかるブログ記事を添えておきます。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね。

【オススメ記事】

 

ではでは、今日もありがとうございます!!

普通の会社員が本業もスキルアップさせながら

副業でも月5万円を無理なく稼ぐ方法を無料でお伝えしています。

無料メールマガジンはこちら

最初の1年は全く副業で稼げなかった僕が「本質的なビジネススキル」と「正しい働き方」を勉強したことで、会社員をしながら副業で月に15万円を稼ぐことができました。

 

また、起業して5年間も無借金で売上は右肩上がり、貯金も増やし続けています。

多くの人からは、あなたに特別な才能があったからでしょ?とも言われます。

ただ単に、師匠が良かっただけです。

年収3億超えの起業家に弟子入りし、本質的なビジネススキルを学び、実践しました。

 

ただ、その前はかなり迷走しています。。。

人生のどん底期に自己啓発やコーチングにハマり、300万円も浪費し、時間とお金を無駄にし、さらに悩んでしまいました。

そんな情けない僕でも、ビジネスを続ける中で、最高月収250万円まで稼げるようになりました。

 

そんな僕が、累計1000万円以上かけて学んできた

・本業も副業も成果が出せるビジネススキル

・自己啓発の罠から解き放たれる方法

・副業でリスクなく月5万円を本業とのバランスを取りながら稼げる方法

 

といった、会社員で本業を大切にしながらもプラスで収入を得る方法を現実的な内容でお届けしていきます。

無料メールマガジンはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
黒薮 一秀
父子家庭育ち、33歳の起業家 収入をほどよくアップさせ人生をいい感じに無理なく楽しく過ごせる仕組みを作るのが得意です。将来の不安は運の掴み方とコミュニケーション力でいい感じに解決できます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネススキルアップマニュアル , 2019 All Rights Reserved.